ダンディハウスのエステシャンとはどういう人?

「ダンディハウス」は、1986年に営業を開始した日本で最初の男性専用エステティックサロンということで知られています。実際にダンディハウスのエステシャンとはどういう人がいるのか、気になる方も多いと思います。そんな疑問についてご紹介しましょう。

ダンディハウスは、全社員に資格取得を推奨(AEA認定エステシャン・美容電気脱毛検定等)しているエステティックサロンです。そして業界では屈指の資格取得率です。2006年3月末現在では、資格取得率99%といいます。具体的にダンディハウスのエステシャンはどんな資格を取得しているのでしょうか。

・CIDESCO国際ライセンス

・CPE国際脱毛士・脱毛検定1級、2級、3級

・AEA認定インターナショナルエステティシャン

・AEA認定シニアエステティシャン

・AEA認定エステティシャン

・日本エステティック協会認定エステティシャン

・栄養士

・管理栄養士

・健康管理士

・健康運動指導士

このように幅広い資格を持っている人が多いようです。資格を持っているということは、施術を受けるときには何かと安心できますよね。エスティシャンの技術が信頼できるということにもなりますし、向上心を持って施術に取り組んでいることがおわかりいただけるのではないでしょうか。